閉じる
  1. 【知らないと損!】カフェインの意外な6つの効果・2つの摂取タイミングを…
  2. カフェインの摂取量を完全解説!中毒や副作用の心配はもう終わり!
  3. カフェインの筋肉への影響とは!?知られざる効果
閉じる
閉じる
  1. カフェインの筋肉への影響とは!?知られざる効果
  2. カフェインダイエットは3つの効果で痩せる!摂取量が最重要!
  3. 【飲み物】カフェイン量を総まとめ!カフェイン中毒に要注意!
  4. カフェインで頭痛は治る?ひどくなる?頭痛の種類によって違うらしい
  5. カフェインの摂取量を完全解説!中毒や副作用の心配はもう終わり!
  6. カフェインの副作用は多い!?安全な摂り方を紹介
  7. カフェイン中毒とは?目安摂取量や致死量を解説!
  8. カフェイン錠剤で眠気対策!?安全性はどうなの?
  9. 【知らないと損!】カフェインの意外な6つの効果・2つの摂取タイミングを…
閉じる

コーヒーおかわりいかが

【知らないと損!】カフェインの意外な6つの効果・2つの摂取タイミングを教えます

皆さんは、カフェインの効果について知っていますか?コーヒーに含まれている成分として有名ですが、コーヒーに限ったことではありません。カフェインが含まれる飲みものについてはとても多いです。

つい頼ってしまうカフェインの効果って?

カフェインが含まれている全ての飲みものを把握している人は、恐らくいないでしょう。そのため、知らず知らずのうちに摂取していたというケースもありますよね。もちろん、意図してカフェインを摂取している人もいるでしょう。

そこで気になるのが、カフェインの効果ですよね。今回は、その点について説明しましょう。

さまざまな効果6つ

カフェインの効果については、大きく分けて6つあります。そこで、一つずつ効果について説明しましょう。

覚醒作用

人が眠くなる仕組みとして、アデノシンの働きが関係しています。睡眠物質という言われ方もされていて、このアデノシンが眠気と深く関わっています。しかし、カフェインには、アデノシンの働きを抑え、脳を覚醒させる作用があるのです。

解熱鎮痛作用

カフェインには、血管の収縮効果があります。したがって、脳の血管の拡張が原因で引き起こされる頭痛が緩和される可能性があるのです。

強心作用

カフェインを摂取することで中枢神経が刺激を受けた場合、結果的に心筋の収縮力が強化されます。この作用を、強心作用と言います。

利尿作用

まず、尿というのは腎臓で作られます。カフェインを摂取することで交感神経が優位になった場合、結果的に腎臓の血管が拡張されるのです。これにより、腎臓へ多くの血液が送られるようになり、尿が多く作られるというわけです。

脂肪の分解効果

リパーゼの活性化という点も、カフェインの効果の一つです。リパーゼについては、脂肪の代謝という役割を担っているため、カフェインには脂肪の分解効果があることになりますね。

肌のシミ防止効果

カフェインには、抗酸化作用があります。この抗酸化作用により、メラニンの生成が抑えられます。メラニンはシミの原因になることから、「カフェイン=肌のシミ防止効果アリ」と言えますね。

乱用はダメ!副作用の怖さ

カフェインの効果を説明してきましたが、過剰摂取は禁物です。なぜなら、副作用が引き起こされる可能性があるからです。

副作用って?

副作用とは、期待する作用とは別で起こる作用のことです。基本的に、副作用は好ましいものではありません。カフェインを過剰摂取することによる副作用としては、以下のようなことが挙げられます。

 

・睡眠障害

・頭痛

・倦怠感

・頻尿

 

一つの副作用だけではなく、複数の副作用がまとめて起こる可能性もあるため、とても深刻ですね。

過剰摂取の死亡事故

カフェインを過剰摂取することにより、急性中毒が起こると、命を失う可能性もあります。実際に、死亡事故が起きているのです。

その内容については、20代の男性がカフェイン中毒になり、死に至ったというものです。カフェインが含まれた錠剤を過剰に摂取することが原因と考えられているため、この点からもカフェイン中毒の深刻性がわかりますね。

摂取制限量は?

危険性のない範囲の上限は、1日当たり400mgです。そのため、この量を超えて摂取することはやめましょう。

どうやって摂るのが効果的?

カフェインの副作用について説明しましたが、気になるのは適切な飲み方ではないでしょうか。

健康的に飲むには

カフェインの摂取量については、やはり意識しなくてはなりません。では、健康的な範囲というのはどの程度なのでしょうか。

1回の量はどれくらい?

1回の量については、200mg以下に抑えるようにしましょう。

半減期って?

カフェインを摂取すると血中濃度が高くなりますが、ずっと高いままというわけではありません。徐々に濃度が低くなっていきます。血中濃度が一番高くなったところから半減するまでのことを、半減期と言います。つまり、1日当たり複数回カフェインを摂取するにあたっては、ある程度の間隔を空ける必要があるということです。

1日の量はどれくらい?

カフェイン摂取量については、1日当たり400mgまでに抑えるようにしましょう。

依存しないためには

カフェインには中毒性があります。仮にカフェイン中毒になると、その後に離脱症状が起こることになります。離脱症状については、イライラや頭痛などの症状が挙げられます。そのため、依存しないことが望ましいです。

カフェインに依存しないためにも、摂取量を抑えることが大切になります。

効果的な摂り方

カフェインの効果的な摂り方を、タイミングも含めて説明します。

10時~11時に飲む

まず、体内ではコルチゾールと言われる物質が分泌されています。この物質は、良い働きをしてくれます。しかし、8時~9時にカフェインを摂取してしまうと、コルチゾールの分泌量が大きく減ってしまいます。

基本的に、10時~11時頃であれば、コルチゾールの分泌量が多くありません。そのため、カフェインを摂取する時間帯としては適切ということになるでしょう。

ちょっとずつ飲む

一度にカフェインを多量に摂取すると、急性中毒が引き起こされる可能性があり、危険です。そのため、カフェインが多く含まれるものを飲むなら、少しずつ飲むようにしましょう。

昼寝前に飲む

昼寝前にカフェイン入りのものを飲んでおくと、目覚めがすっきりすると言われています。そのため、その効果を期待して飲んでみるのもいいでしょう。

飲み過ぎちゃった時は?

カフェインが含まれるコーヒーなどを飲みすぎてしまった場合、水を多く飲むといいでしょう。それにより結果的にカフェインの血中濃度が低くなっていきます。しかし、カフェインの過剰摂取によって明らかな異変を感じた場合、速やかに医療機関へ行って診察を受けましょう。

うまく利用しよう

カフェインには、多くのプラス効果があります。そのため、摂取することはおすすめできます。しかし、副作用のことは忘れてはいけません。カフェインを摂りすぎると、深刻な副作用によって苦しむことになるかもしれないのです。大切なことは、適切な摂取量を守ることです。依存することを防げれば、中毒症状のリスクも低くできますね!

また、摂取量を守るためにも、これから飲もうとする飲料水に含まれるカフェインの量は把握するようにしましょう。

関連記事

  1. カフェインダイエットは3つの効果で痩せる!摂取量が最重要!

  2. カフェインの筋肉への影響とは!?知られざる効果

  3. カフェインで頭痛は治る?ひどくなる?頭痛の種類によって違うらしい…

  4. カフェインの摂取量を完全解説!中毒や副作用の心配はもう終わり!

  5. 【飲み物】カフェイン量を総まとめ!カフェイン中毒に要注意!

  6. カフェイン錠剤で眠気対策!?安全性はどうなの?

おすすめ記事

  1. カフェインの筋肉への影響とは!?知られざる効果
  2. カフェインの摂取量を完全解説!中毒や副作用の心配はもう終わり!
  3. 【知らないと損!】カフェインの意外な6つの効果・2つの摂取タイミングを教えます

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る