閉じる
  1. カフェインの筋肉への影響とは!?知られざる効果
  2. カフェインの摂取量を完全解説!中毒や副作用の心配はもう終わり!
  3. 【知らないと損!】カフェインの意外な6つの効果・2つの摂取タイミングを…
閉じる
閉じる
  1. カフェインの筋肉への影響とは!?知られざる効果
  2. カフェインダイエットは3つの効果で痩せる!摂取量が最重要!
  3. 【飲み物】カフェイン量を総まとめ!カフェイン中毒に要注意!
  4. カフェインで頭痛は治る?ひどくなる?頭痛の種類によって違うらしい
  5. カフェインの摂取量を完全解説!中毒や副作用の心配はもう終わり!
  6. カフェインの副作用は多い!?安全な摂り方を紹介
  7. カフェイン中毒とは?目安摂取量や致死量を解説!
  8. カフェイン錠剤で眠気対策!?安全性はどうなの?
  9. 【知らないと損!】カフェインの意外な6つの効果・2つの摂取タイミングを…
閉じる

コーヒーおかわりいかが

カフェインの副作用は多い!?安全な摂り方を紹介

カフェインは副作用があるから怖い?カフェインと言えばコーヒーやチョコレートなどの嗜好品を想像しますよね。美味しいものでありますが過剰摂取は副作用を誘発してしまいます。そうならないための知識をお伝えしていきます。

カフェインの副作用をどうにかしたい

カフェインを摂取すると副作用が出てしまう経験ってありませんか?個人差が色々あり、摂取量やタイミングなど個人差があります。今回はカフェインの副作用をテーマにし、どういう副作用が起こるのか、起きた場合の対処法などをお伝えしていきます。

カフェインによる効果

覚醒作用

カフェインには睡眠物質であるアデノシンの働きを妨げます。これにより目が覚めるようになっています。よく眠気覚ましのコーヒーや、眠くなったらコーヒーというのはアデノシンが働いているからなんです。

集中力を高める

覚醒作用が起こるということは頭が冴えることにつながります。カフェインの摂取は短期的ではありますが集中力を高める結果になるので、ここぞという時に飲んでみてはいかがでしょうか。

記憶力の向上

こちらもカフェインの覚醒作用により、脳が活性化されます。集中力が高まり、脳も活性された状態なら記憶が必要な場面に役立つでしょう。受験勉強の強い味方かもしれません。

カフェインによる副作用は沢山ある

頭痛

カフェインには血管拡張作用があります。良い言葉のように思えますが過度な摂取は頭痛を生んでしまいます。頭の中には無数の血管があることから、拡張された血管が頭痛の引き金になる可能性があります。

疲労感

カフェインは疲労を取ると言われていますが実は疲労感が残るのです。カフェインに含まれているアデノシンによる覚醒作用で「疲労が抜けたように感じて」しまうからなんです。つまり、疲労は感じていないが、取れていないという結果になります。

軽度の鬱

カフェインは交感神経を刺激する成分としても有名です。交感神経は脳が刺激を受けたり、ストレスを感じたりする時に働く神経です。つまり、カフェインを摂取しすぎると休んでいい状態なのに脳が働く状態になります。これが軽度の鬱のキッカケになることがあるのです。

血圧上昇

カフェインの過剰摂取は血圧上昇を生んでしまいます。ある研究結果では2ヶ月間およそ500mlの珈琲を摂取したところ、血圧の上昇が確認されたそうです。ただし、過剰に摂取しなければ問題がないとも言えます。コーヒーなどは1日2杯(200ml)までなどのルールにすることで、血圧上昇のリスクの心配をする必要はないでしょう。

睡眠障害

カフェインが交感神経を刺激するということは、睡眠時に必要な副交感神経が働かなくなります。副交感神経とは体の疲れやリラックス状態を作るための神経で睡眠には必要不可欠です。過剰に、そして長期間もカフェインの摂取をしていると、睡眠障害になる恐れがありますので注意してください。

副作用が出た時の対処法

頭痛の場合は頭を冷やす

カフェインによる血管拡張が起こり、負担がかかっている状態ですので頭を冷やす必要があります。例えば氷枕を使ったりするなど何かしらの方法で頭を冷やすことで、血管が収縮します。冷やした頭を再度、温めないようにお風呂やシャワーは控えた方がいいでしょう。

疲労感の場合水を飲む

疲労感を感じた場合は水を飲みましょう。疲労感は体内の水分不足が原因の可能性があるためです。体内に十分な水分があれば、血液の循環をスムーズにすることができるためです。飲み方のポイントとしては一気に大量に飲むのではなく、1度の摂取はコップ1杯程度にして、こまめに摂るようにしましょう。

カフェインを安全に摂る方法

1回摂取したら数時間は摂らない

カフェインを短時間に複数回も摂取するのは、おすすめできません。カフェインの過剰摂取が起こり、副作用の効果が表れる可能性が高くなるためです。1回摂取したら最低でも数時間(5,6時間)は摂らないようにしましょう。

一気に飲まない

カフェインを一度に大量摂取すると体に負担が強くかかってしまいます。感覚としてはアルコールと同じと考えて頂ければと思います。急性アルコール中毒があるように急性カフェイン中毒という症状もあるほどで最悪の場合は死んでしまいます。カフェインを一気に大量に飲むことは絶対にしないでください。カフェインの致死量は200mgと言われ、コーヒーだと100杯ほどとされています。そんなに飲むことはないでしょうが、ほどほどにすることを推奨します。

カフェインは摂りすぎに気をつける

カフェインは副作用が怖いですが、適量を守れば問題はほぼありません。コーヒーやチョコレート、ココア、お茶など適度な量を楽しむようにしましょう!どれも嗜好品として非常に素晴らしいものですよね。カフェインの副作用が怖いからといって、これらが摂取できなくなるのは寂しいものです。そうならないためにも正しい知識をちゃんと入れて楽しむことで、より美味しい召し上がり方ができますよ!

関連記事

  1. 【飲み物】カフェイン量を総まとめ!カフェイン中毒に要注意!

  2. カフェインの摂取量を完全解説!中毒や副作用の心配はもう終わり!

  3. カフェイン中毒とは?目安摂取量や致死量を解説!

  4. カフェインで頭痛は治る?ひどくなる?頭痛の種類によって違うらしい…

  5. カフェインダイエットは3つの効果で痩せる!摂取量が最重要!

  6. 【知らないと損!】カフェインの意外な6つの効果・2つの摂取タイミ…

おすすめ記事

  1. カフェインの筋肉への影響とは!?知られざる効果
  2. カフェインの摂取量を完全解説!中毒や副作用の心配はもう終わり!
  3. 【知らないと損!】カフェインの意外な6つの効果・2つの摂取タイミングを教えます

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る